ふしぎデザイン

ゆらぐ はなす つなぐ  Gene Drives Elastic Future

Work

ゆらぐ はなす つなぐ Gene Drives Elastic Future

Drop / Soft / Leaves

Work

Drop / Soft / Leaves

https://ift.tt/2yiJFx9

News

【ミラノサローネに出展します】 ふしぎデザインはミラノサローネ2018にプロダク

https://ift.tt/2yiJFx9

News

「ふしぎなデザインナイト」おかげさまでとても盛況でした! まだまだ駆け出しですが

生命を越えるもの―人工知能・ゲノム編集の衝撃

Work

生命を越えるもの―人工知能・ゲノム編集の衝撃

http://ift.tt/2IMhdbH

Instagram

アバターの造形検討中 #fushigidesign

http://ift.tt/2DLIDuK

Instagram

だいぶ長いこと止めてしまっていた自主制作を進めています #fushigidesi

COOKHACKワークショップ

Work

COOKHACKワークショップ

http://ift.tt/2u7SdZi

Instagram

これもまた取材でした #fushigidesign

http://ift.tt/2CHm0a5

Instagram

取材でやってきました #fushigidesign

http://ift.tt/2Fqi3cU

Instagram

飛行機乗らないけど空港に来ています #fushigidesign

http://ift.tt/2rEgMMo

Instagram

楽しいラインナップ #fushigidesign

http://ift.tt/2mREiR4

Instagram

今日は1日、クライアントさんにお誘いいただいた、「バイオデザイン技術のガバナンス

本日発表された「Nintendo Labo」すでに各所で話題沸騰ですが、僕もいちデザイナーとして大感動してしまったので、そのデザインについて書きたいと思います。 www.nintendo.co.jp 見た目のデザインについてNintendo Laboのインタラクション、コンセプトの面白さ、技術的な工夫についてはもう各所で語られているだろうと思うのでここでは割愛し、「見た目」のデザインについて書きます。 任天堂公式webサイトより引用 DIYプロダクトの文脈(色とグラフィックのデザイン)まず目を引くのが、段ボールを使ったtoy-conのスタイルです。これは今までにある「DIYプロダクト」のスタイルを踏襲したものに見えます。例えばkano computer、Teenage engineeringのPOシリーズ、Google AIY Toolkitなど。 kano webサイトより引用 teen

Blog

Nintendo Laboのデザインが好きだ

TRAVELLIUM

Work

TRAVELLIUM

もう一ヶ月近く以前になるが、仕事でお手伝いしていた山口情報芸術センターのワークショップ「COOKHACK」第一弾が開講された。(対象年齢は小学校4年生以上)このワークショップは、山口情報芸術センター内部の研究開発チームであるYCAMインターラボが企画・運営するもので、今回ふしぎデザインは企画のアシストと小道具を中心としたデザインでご協力させていただいた。学生時代に子ども相手のワークショップをしたことはあったけれど、だいぶ久しぶりだったので新鮮で楽しかった! 以下、記録も兼ねてどんな内容のものだったかを簡単に書いておきます。  ワークショップは二部に分かれている。前半は多数の調味料を味わい分け、お題と同じ味を調合し作り出すアイスブレイク「ワンプッシュスープ」を行い、「味」の世界の奥深さを体験してもらう。 ちょっと見えづらいですが、ボトルのラベルも作りました 味見タイム!たくさんの調味料を味見

Blog

YCAM COOKHACKワークショップのこと

あけましておめでとうございます! 昨年9月に創業したふしぎデザインは、2018年も元気にお仕事をしていきます! まだまだ駆け出しではありますが、17年はメーカー、教育機関など様々なクライアントさんと一緒にお仕事をすることができました。そして、今年はもっと仕事の幅を広げていきたいと思っています。対話すること、考えること、いろいろな場所に行くこと、手を動かすこと。 どんどん動いて、価値を生み出して、考えて... そんな1年を過ごせるよう、がんばります。 そんな意気込みを、友人のかずお(@kazuo)が素敵なムービーにしてくれました! グリーティングムービーにあやかって、景気良く走りだせたらと思います。  ~以下、2018年の目標~ 1. スタートアップ、研究者、教育者の手助けをしたい昨年の仕事の中で、「まだこの世にないものを作る」「デザインを通して見える豊かな世界を伝える」ということを考えてい

Blog

新年のご挨拶 2018

コンセントハウス

Work

コンセントハウス

https://www.facebook.com/fushigidesign/posts/192770297945691

News

【新年のご挨拶】 あけましておめでとうございます! 昨年9月に創業したふしぎデザ

http://ethpol.org/seminar/20180212/

News

【申込み終了】 広報物制作でご協力した「生命を越えるもの」シンポジウムの申し込み

http://ift.tt/2l1hCwT

Instagram

年末の課題図書きた!!#fushigidesign

http://ift.tt/2zdh4YU

Instagram

喫茶店まだやってないのでここのロビーで打ち合わせしましょうか〜って連れてこられた

http://ift.tt/2BpeW6o

Instagram

京都の山 めっちゃ寒い #fushigidesign

http://ift.tt/2z1iCoN

Instagram

今日は海の近くに来ています #fushigidesign

小容量炊飯ジャー NL-BS/BA05

Work

小容量炊飯ジャー NL-BS/BA05

http://ift.tt/2AKrkJO

Instagram

新小平 初めて来ました #fushigidesign

http://ift.tt/2Crd61F

Instagram

今日お邪魔したkvadratさんのショールーム、布が美しすぎてすごかった…勉強し

ステンレスマグ SM-LA36,48,60

Work

ステンレスマグ SM-LA36,48,60

http://ift.tt/2Ax4MNr

Instagram

キレーなビルだなやー #fushigidesign

https://www.instagram.com/p/Bb2oA33nBba/?taken-by=keita_ak

Instagram

おはようございます

http://ift.tt/2mT96mO

Instagram

エモいビルきました #fushigidesign

http://ift.tt/2zmSpGi

Instagram

ハードコアでカッコいいデザイン系webメディアEKRITSを運営されているOVE

つい昨日、福井県の鯖江に住む友人の森くんのもとを訪ねてきた。仕事で金沢に行く用事があり、そのついでにということで立ち寄らせてもらったのだ。 北陸新幹線に初めて乗りました 大学時代の同級生である森くんは現在フリーランスのプロダクトデザイナーをしており、職人や物作りに関わる人が多く暮らす鯖江を拠点に活動している。彼のセンスは学生の時からずば抜けており、ものづくりに対する真摯で率直な考え方は尊敬すべきものだ。部屋はだいたい散らかっているけど。 TOSHIRO MORI  さて、国内の眼鏡の生産量95%以上を占める眼鏡の町として有名な鯖江だが、実は「越前漆器」という漆器も基幹産業の一つして存在する。市内の河和田地区を中心とした産地全体で分業体制が確立しており、木地づくり、塗り、蒔絵や沈金などの加飾などの工房が点在しているという。(詳しくは当地にあるうるしの里会館のwebをチェック!)越前漆器協同組

Blog

秋の鯖江に、デザイナーと作り手を訪ねて

http://ift.tt/2zOKr7K

Instagram

ろくろ舎さんにお邪魔してきました。森くんの案内。職人ってすごい、工具は丸棒から自

  
     
   http://ift.tt/2xUbvPq
  
  

Instagram

  

次の課題図書 #fushigidesign

 
  
     
   http://ift.tt/2xqiShd
  
  

Instagram

  

藝大にきました #fushigidesign

 
  
     
   http://ift.tt/2yQV9rY
  
  

Instagram

  

久しぶりに電子工作 #fushigidesign

 

東京の立川にある紙の印刷・加工企業、福永紙工株式会社を訪問してきました。 工場の隣に建つショールーム。オリジナル製品をはじめカラフルな紙製品が並ぶ 福永紙工と「かみの工作所」福永紙工はパッケージ制作や複雑な印刷加工に強いとのことで、もともとの事業の中心は各企業から受託する印刷と加工だそう。工場にお邪魔したときは、ファインペーパーや箔押しを使ったパッケージや企業の名刺などを作っているところでした。今回ご対応頂いた営業部の渡邊さんと、大学の先輩でもある工務室の宮田さんによると、差別化ポイントは「クオリティで攻めること」で、他の会社では難しいような高度な加工も手がけているとのこと。特色印刷、折り、型やレーザーによる切り抜きなどを組み合わせて、リッチな印刷物や紙箱を作り上げているようです。 そしてもう一つの特色が、印刷加工企業としては珍しい、自社製品の開発と販売を行っていること。デザインに興味があ

Blog

「かみの工作所」の福永紙工さんにお邪魔しました